開業に必要なものは?

開業に必要なものは開業にあたっての本人の決意が最も大切です。経営には、ひと・もの・かね・情報といいますが、これは次の段階であって独立するにあたって、何のために独立をするのかを自問自答することです。
例えば、サラリーマンが仕事の上で大きな壁にあたり、組織の中で生きていくことが難しいと思って独立をするケースがあると思います。このような場合においても、その壁がどのようなものなのかをキチンと見極めておかなければなりません。つまり、自分の弱点を知っておくことが大切なのです。
独立をするとは、誰の支えも無くなるということを意味しています。サラリーマンであれば、いくら怒鳴られようが、減給されようが組織の支えがあるのです。本人がどのような事態に追い込まれても、組織が守ってくれますが、独立するとそうはいかないのです。
自分の強みを知ることは重要な開業のキーワードになりますが、経営は強みだけで成り立つほど甘くはありません。その程度の強みを持つ人間はたくさんいるものです。
強み以上に自分の弱みを知り、その弱みを克服する決意が重要なのです。このことから、目を背けて独立しても成功は無理な話で、不可能と考えなければなりません。

おすすめ情報

素敵な代理店の募集